副業 確定申告 税金還付

Image Replacement

税務当局はあなたの副業をしっかり把握しています。確定申告をしないと大変なことになります。確定申告をする事によって税金が戻ってくる方法があります。税金奪還マニュアルであなたも払いすぎた税金を取り戻してください。

確定申告は税理士に頼まなくても簡単にできます。

サラリーマンが節税できるこの方法で税金を取り戻してください!

⇒■副業者必見の節税方法!税金奪還マニュアル!


あなたの副業は税務当局に把握されています

税金奪還07.jpg

税務調査と聞くと1千万以上稼いでいる人が対象だと、勝手に思い込んでいませんか?

最近は30万円未満の収入でも税務調査が入って、追徴課税されている人がかなりいます。

とくに副業をネットビジネスで稼いでいる人は要注意です。

ASPを利用している人は報酬は当然、銀行振り込みですよね。

また情報商材などをアフィリしている人は、情報商材販売者がアフィリエイターやタイアップパートナーへの報酬を広告費として経費計上し、収支報告書に報酬支払先の氏名と住所も記載して、確定申告を行っているので、全て税務当局に情報が残っているのです。

所得を隠していることが分かれば、たとえそれが少額でも最長7年間にわたり追徴課税され、ペナルティとして年利14.6%の延滞税を加算されます。

会社で副業を禁止しているから確定申告をしない人もいると思いますが、会社にばれずに確定申告はできます。

それについてはこのマニュアルの公式HPをご覧ください。

副業の赤字を申告する事で税金は取り戻せる

税金奪還04.jpg

【税金が返ってくる3つの実践ポイント】

副業でなぜ税金を安くできるのか、その仕組みを理解する

所得を落とすための各種の方法を知る

確定申告でそれを実行する


この税金奪還マニュアルを作成したのは元市役所税務課職員だった佐藤昇さんです。

ですから内部関係者しかわからない合法的な節税方法を熟知しているのです。

あなたが確定申告をする場合に何が経費として落ちるのか、領収書がない経費はどうすればいいのか、消耗品として購入していいのはどこまでなのか、家を事務所にしていた場合に家賃のいくらまでを経費とすれば税務署に文句を言われないのかなど、あなたの税金を取り戻すための節税テクニックがわかります。

今まで確定申告をしていなかったとしても、過去5年間にさかのぼって税金を取り戻す事もできます。

税務調査にびくびくするより、しっかり確定申告をして税金を取り戻してください。

税理士に頼まなくても税金の知識がなくても、このマニュアルがあれば簡単に確定申告をする事ができます。

わざわざ税務署に行く必要もなく、税金を還付してもらう事ができます。

このマニュアルはサラリーマンの副業についてだけでなく、個人事業主や農業に従事している人にも役立つ節税テクニックが書かれていますので、税金を少しでも減らしたい人にはおススメです。

zeikin2-1.jpg



zeikin2-2.jpg