テニス 上達 講座

Image Replacement

小浦武志先生はプロテニスプレイヤーのクルム伊達公子選手などの超一流選手を指導したカリスマコーチであり、数多くのコーチを指導してきた絶対基本マニュアルを一般のテニスプレイヤーに公開する事にしたのがこのトレーニングプログラムです。テニス上達に伸び悩んでいるあなたも、コーチをしていて悩んでいるあなたにもぜひ手に入れてほしいと思います。

クルム伊達公子選手などの超一流選手を指導した

絶対基本マニュアルで練習するとあなたのテニスは短期間で上達します。

他とは違う3つの上達ポイントでみるみる上達する方法です。

⇒■小浦武志のプロフェッショナルテニス理論


あなたのテニス上達には高い身体能力や体格、才能などは必要ありません

tennis0_1.jpg




テニス08.jpg

あなたはテニスがなかなか上達しなくて伸び悩んでいるのでしょうか?

それとも年齢からくる体力の衰えなどから、試合に勝てなくなりテニスが楽しくなくなってやめようかと悩んでいるのでしょうか?

日本のテニス人口の多くは40代以上の人です。

当然、年々、体力も落ちてくると思います。

でも、なかなか上達しないとテニスを続けても面白くありませんよね。

なかには仕事が忙しくて、練習するのは週1回が精いっぱいの人もいるでしょう。

それでもあなたのテニスが上達する方法があるのです。

あなたのテニスが上達しないのは、そのレッスン方法が間違っているからかもしれません。

小浦先生のこの練習方法を正しく実践すれば、練習時間があまりとれない人でも、伸び悩んでいる人でも、迅速、確実に上達できるという方法です。

他とは異なる上達の秘訣

テニス07.jpg

【3つの上達の秘訣】

●タイミング

●リズム

●バランス



フォーム練習はもちろん基本ではありますが、フォーム練習にこだわり過ぎると上達しません。

あなたはストロークで相手が打った球が、自分のところに来るまでの時間は大体、何秒くらいかご存じですか?

殆どの人が、3秒程度と答えますが、それは間違いです。

殆どの球は長くて1秒ちょっとです。

あれこれ考える間に球がやってるのに、1(テイクバック)、2(インパクト)、3(フォロースルー)というような単調なリズムでフォームを整えても、全く意味はないのですね。

1、2、3というリズムそのものが、実戦の中で使えるリズムではないからです。

飛んでくる球に対して、すぐさまベストな体勢をとり、テイクバックを取り、全身を使ったベストなショットを打ち返すには、もはや1秒以内に無意識で反応する必要があるのです。

そのためにどの場面、どの球種においても、タイミング、リズム、バランスを無意識のうちに爆発させるストロークを徹底することが必須なのです。

このトレーニングは体で覚えられるトレーニングメニューを繰り返し、ある規則に基づき運動させながら、各ストロークにおけるベストなタイミング、リズム、バランスを、自然に体に染み込ませるシンプルな方法です。

あなたがアマチュアのテニス愛好家であっても、練習時間が週1回しかとれなくても、年齢的に体力が落ちてきていてもこの練習方法でトレーニングを続ければ、短期間で上達する方法なのです。

もう一度テニスを楽しくプレイするためにもあなたもこのトレーニングプログラムでレッスンしてみませんか?

あなたのテニスライフがこのトレーニングプログラムによって、より楽しくなる事を心から願っています。



tennis0-2.jpg




tennis2-1.jpg




tennis2-2.jpg